パリねこちゃんのフランス留学

あこがれのパリにやってきたパリねこちゃんのフランス生活



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
15.テルヌ広場 お花屋さん :: 2008/12/11(Thu)

<前回までのあらすじ>
http://parisneko.blog39.fc2.com/blog-entry-62.html
-----------------------------------------------------------------------------
気持ちよく晴れた朝、雀さんたちの呼びかけに目覚めたパリねこちゃんは、朝のお散歩をすることに決めました。 そして、ステュディオを出てすぐのテルヌ広場まで歩いてきたのです。
-----------------------------------------------------------------------------


朝の澄んだ空気の中で、パリねこちゃんはすんすんと鼻を鳴らしています。
好奇心がくすぐられると勝手に鼻が動いてしまうのです。


ギマ-ルがデザインした、メトロの入り口の向こうには木造のお花屋さんが垣間見えます。


“山小屋風のお花屋さんね。”
“正面に回ってみよう...。”

パリねこちゃんは好奇心に導かれるままに、お花屋さんの正面に回ってみました。



「あっ!」



テルヌ広場 お花やさん 9.jpg 550pix

“なんて、きれいなの!”

そこには、、があふれていました。

こんなに、たくさんの種類のお花が咲き乱れているのをパリねこちゃんは見たことがありませんでした。

言い尽くされた表現だけど、“花の都 パリ”という言葉が浮かびます。

そしてモノト-ンな街に、花の色はより一層際立って映えているのでした。



すると、店頭におかれているもみの木さんが話しかけてくるではないですか!


「そこの帽子をかぶった猫ちゃん、こんにちは。」

「あら、こんにちは。 もみの木さん。 わたしパリねこって言うのよ。」
「もみの木さんは、裸ん坊で寒くないの? パリねこは毛がたくさん生えているので暖かいのよ。」

「僕たちは、寒くないんだよ。 もっと寒いところから来たからね。 パリなんて暖かいもんだよ。」

「まあ、それは良かったわ。」

「僕たちはもうすぐ、どこかの家に行くんだよ。 そして、ノエルの衣装を身に纏うんだ。」

もみの木さんは少し誇らしげにいいました。


「あら、素敵ねぇ。 ・・・でも、故郷を離れて寂しくないの?」

「・・・・。」
「そりゃ、寂しいけど・・・どこにいても、それなりに僕ができることをしたいんだ。 だから、精一杯最後まで、人を楽しませるつもりだよ。」




「元気でね、もみの木さん。」

「パリねこちゃんも元気でね。」



パリねこちゃんは、献身的なもみの木さんの言葉にじ~~~んとしました。
気付かないところで、人の役に立っていたり心を照らすものの存在を知りました。


ほわ~ん。

暖かい気持ちで、足を踏み出します。
次の出会いに向けて、心が躍るのです。



応援いただけると嬉しいわ。 な~ん。
にほんブログ村 イラストブログへ



スポンサーサイト

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. パリねこちゃんの絵日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。