パリねこちゃんのフランス留学

あこがれのパリにやってきたパリねこちゃんのフランス生活



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
13.マダム・エッフェル :: 2008/10/17(Fri)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
前回までのあらすじ(よろしければ、カテゴリ“パリねこちゃんの絵日記”ご覧になってね。)

憧れのパリに来たパリねこちゃんは、語学学校が始まる前のノエルの数日間を観光しようと決めました。
凱旋門から途中休憩を入れてコンコルド広場へとくだりオベリスクの前で歴史に思いをはせるのでした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


パリねこちゃんは、この日の観光の締めとしてエッフェル塔に向かうことに決めました。
パリのシンボルであるエッフェル塔を一目見たかったのです。

早速コンコルド駅から、メトロに乗りました。
メトロ駅Ecole militaireとLa motte piquet Grenelleの中間にあるChamps de mars 公園を目指します。

メトロ駅、Ecole militaireに着くと右手に広々としたシャン・ド・マルス公園、左手にエコ-ル・ミリテ-ルが見えます。

そして、しばらく歩くと・・・、

鉄の貴婦人“La tour Eiffel”の全容が見えてきました!


「んまぁぁぁ-----、なんて美しいのかしら!」

パリねこちゃんは、繊細さと上品さ、そしてしなやかな強さを兼ね備えたエッフェル塔にしばし我を忘れて見とれました。

「噂にたがわない建造物だわ。。。」

パリねこちゃんはガイドブックに目を落とします。
1889年の第四回パリ万国博覧会のために2年と2ヵ月かけて建てられ、建設当時は“パリの景観を壊す”と不評もあり、万博のあとに壊されようとしましたが、軍事の無線電波を送信することになり、国防上重要な建築物として残されたようです。

時代を先取りした建築、そしてどんなに時が流れても古びず、常に存在しつづけるような印象を与える建物だなとパリねこちゃんは思いました。

鉄なのに、繊細なレ-スでできているようです。
落ちついた錆色も大変上品で、周りの景観に溶け込んでいます。



パリねこちゃんがそんなことを考えていると、不意に冬空にそびえる貴婦人が身にまとうレ-スの裾をあげて軽く挨拶したように見えました。


エッフェル塔 着彩2


ぷるるるる・・・・。
“何かの見間違いかしら?”

頭を振り振りパリねこちゃんは青空を見上げます。

そして、憧れのパリに立っている喜びを“ひしっ”と感じるのでした。



パリねこちゃんの次の冒険を見守ってくださいな~...
にほんブログ村 海外生活ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. パリねこちゃんの絵日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。